PPS 電気 メリット

PPS電気を使うメリット・デメリットは?電力自由化のイロハ

2016年4月から家庭用電力の自由化が始まります。

 

 

これで住んでいる地域の電力会社以外から、自由に選んで電気を購入することができる。
でも、ニュースを見ててもなんだか難しい制度で、電力自由化がいったいどんな制度なのか、まだあんまりわかっていない。
そろそろ家の購入も考えてるし、電力自由化と同時にオール電化にしてしまった方が安くなるかもしれないし、ちょっと気になるかも・・・

 

ソフトバンクやエネオスなどが新しい電力会社として名を挙げているけど、どの電力会社がいいの?
既存の電力会社以外の会社から電気を買って、本当に安くなるの?
既存の電力会社以外から買うメリット・デメリットはなに?

 

電力自由化になって電気代が安くなるなんて言うけど、本当に安くなるの?
そもそもどこの電力会社を選んだらいいのかわからないし・・・
テレビや新聞のニュースで取り上げられているのを見るけど、制度も難しくて、やっぱりちょっと不安になってしまいますよね。

 

本サイトでは電力自由化の気になるポイントを詳しく解説
電力自由化を効率的に利用して、今までよりお得に電気を使う方法を紹介します!

電力自由化ってなに?

2016年4月から実施される電力自由化
電力自由化ってなに?
意外と知らない、電力自由化についてわかりやすく解説します。

 

今まで、一般家庭は地域ごとの電力会社からしか購入することができませんでした。
その為、電力会社があらかじめ決めた金額に則って電気代を払うしかなく、電力業界ではほぼ独占状態。
価格競争がない状態でした。
しかしながら、1995年から新規事業者が大型ビルや商業施設などを対象に電力を売ることができるようになり、2016年に一般家庭でも自由に電力会社を選択して購入することができるようになったのです。

 

これからは地域ごとの電力会社だけでなく多数の電力会社から、自分に最も合ったプランを選び、購入することができます
これまで、業界の数パーセントしかいなかった新規事業者も更に増加すると思われます。

PPS電気ってなに?

地域ごとの電力会社以外に電力を扱い、小売りを行う会社をPPS(特定規模電気事業者)と言います。
つまり、電力自由化が行われた際には、地域ごとの電力会社、もしくはPPSの中の会社のどれかから電気を買う会社を選ぶことになります。
今まで電気の値段は地域ごとの電力会社が取り決めていましたが、これからはPPSの一般家庭参入により、電気の価格競争が行われる可能性が出てきました。
そのため、PPS電気には大きな注目が集まっています。

 

携帯電話やスマホは、キャリアごとにプランや価格差がありますよね。
電気もこれから、自分の使用状態や世帯状態に合わせて選択しなければならない可能性が出てきています。
その為、PPS電気に関しては要チェックなんです。

 

PPSには東京ガスや大阪ガスなどのガス会社、ソフトバンクやKDDIなどの通信会社やHISなどの旅行会社も参入しており、インターネット回線やガソリン、ガスとセット購入することで割引がある等、会社の特色を生かした様々なプランを提示しています
PPS電気、今後の動向が気になるところです。

PPS電気を選ぶメリット・デメリットは?

ここでは、PPS電気を選ぶメリット・デメリットを解説。
実際にPPS電気を選ぶ前にしっかり勉強しておきましょう!

メリット

○PPSごとに受けることができるサービスがあり自分に合ったサービスを受けることができる
 ⇒PPSごとに電気に付随したサービスが違います。 上記にあるように、通信やガス、旅行などの他に、鍵の紛失や水道の修理などのサービスもあり、自分に必要なサービスを選んで受けることができるようになります
 
○電気の価格が安くなる
 ⇒一概にPPS電気の価格が全て既存の地域ごとの電力会社より安くなるとは言えませんが、既存の電力会社より安いプランを選択することも可能です。

デメリット

○今使用している電力会社から受けているサービスが受けられなくなる
 ⇒継続使用による割引等、既存の電力会社のサービスがなくなります。
 
○PPSによっては契約年数があり、契約年数中に解約すると違約金が発生する可能性がある
 ⇒契約時に、契約年数や違約金の項目をしっかり確認しておく必要があります。

 

このように、これまでより安い価格で新しいサービスを受けられるというメリットはありますが、契約期間には要注意です。
サービスや違約金等を考えると、基本的には携帯電話の契約と同じような感覚で考えてよいでしょう。

気になるPPS一覧!

ではいざPPSから電力を選択!
PPS一覧から選ぶぞー!
・・・と意気込みますが、経済産業省に登録されているPPSは現段階(2016年2月)ではなんと853社

 

さすがに紹介したくても紹介しきれません(笑)
その為、ここでは注目を集める代表的なPPSを紹介します。
(事業者名をクリックすると、ホームページを見ることができます。)
各会社によって電力価格・サービスが異なるため、要チェックしてみてください

事業者 特徴
JX日鉱日石エネルギー(ENEOSでんき) ガソリンや灯油の割引あり。
東京ガス ガスセットや提携プロバイダ割引等。
大阪ガス 2年契約で大幅割引制度あり。
ソフトバンク(ソフトバンクでんき) 携帯電話、ネットと併用した割引あり。
KDDI(auでんき) 携帯電話、ネットと併用した割引あり。
J:COM テレビや電話等の割引等。
H.I.S. 旅行代金割引サービスあり。
ローソン(まちエネ) ポイント制度等、ローソンとの連動も。

※上記の特徴は一部であり、詳細プランは各PPSのホームページでご確認下さい。

 

また、資源エネルギー庁のホームページでは全PPS事業者のリストを確認することも可能です。
資源エネルギー庁HPはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ